<   2010年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧


来シーズンの展望 其の弐。

昨日の続きです。

日本人FWを忘れてました。今年ブレイクした平井と宇佐美の活躍は大収穫です。

1対1の強さと縦への突破力、裏への動き出しが得意な平井。ただもっと足元の柔らかさに磨きがかかれば代表も夢ではないと思う。

18歳とは思えない技術の高さ、シュートの巧さの宇佐美。この1年で信じられない程良い選手になりました。後は経験ですね。

控えにはスピードが武器の星原や若い大塚がいる・・・がっ!日本人って4人しかいないのよねぇ(涙)。

在籍している外国人が4人ともFWか・・・確かにMFは必要ないとしても、DFに一人くらいおっても・・・ってその補強がウマい事いかないのが現実です。

せめてあと1人は先発でいける日本人FWはいるでしょ。

で、DFとGKが問題山積みですね。

まず、右サイド。不動のレギュラー加地の存在は絶対だが、怪我や累積で変わりの選手がいないのは本当にイタイ。一時佐々木を右にコンバートしてましたが殆んど機能せず・・。

左サイドの安田と下平を右にもできるが、安田のレバークーゼン移籍の噂を聞くとやはりこれは急務だっ!

そしてセンターバック。山口・高木・中澤と高さに強い選手はいるが、縦パスと縦の揺さぶりに何だか弱いのが問題ですね。

若い菅沼・内田の存在は心強いけど、やっぱそこも経験値なんかなぁ~。

GKも藤ヶ谷の安定感は素晴らしいと思うが、木村・太・河田の3人がそれを脅かすにはまだ物足りない。

レギュラー陣の平均年齢が約30歳って事を考えると、出来るウチに若い選手に経験を積ませないと今後のチームの力を左右しかねない。


今シーズンは2位で来季ACL出場、天皇杯3連覇、そして来シーズンこそはリーグ制覇だっ!!
[PR]

by marbletre | 2010-11-26 17:16 | Viva!Calcio

来シーズンの展望 其の壱。

iOS4.2にアップデートしたけどイマイチ何がどう変わったのか理解出来ていないメガネです。

今日のブログは自分なりの来シーズンへ向けての思いのみを書き続けます。なので興味の無い方には何にもオモロイ事無いと思います・・・。勿論スルーしていただいてオッケーです。




今日のテーマ・・ガンバ大阪です。




5年ぶりのリーグ優勝を狙うも名古屋にアッサリ初優勝をもって行かれ、ACLやナビスコも存在感を示せずアッサリ敗退。

天皇杯の史上初3連覇はまだ可能性が残っているものの、何かパッとしないアッサリとした1年になっちゃいました(涙)。

それだけに、天皇杯にかける僕達サポーターの想いはどのチームのサポーターよりもつおいのだっ!

そして、チーム内にも人の往来が出始めてきました。

とりあえず、ルーカスの退団はショックです!

確かに今シーズンは怪我が続き思うようなパフォーマンスを発揮できなかった。ただ、彼のチーム内における貢献度や信頼度を考えれば、後1~2年はプレーしてほしかった。

年齢的にもまだ31歳、バリバリ働けるし彼のプレーはとてもチームに刺激を与えてくれる。

ただただ残念の一言です。

となると、外国人の補強はどうなるのか?一説では4億ってあほみたいな移籍金を払って大宮のラファエル獲得!何て信じがたい噂がある・・・。

確かに190センチを超えるラファエルの高さはチームにとって武器になる。でも、未だ7点しか点を取っていない上に前線でそんなに目立った活躍をしていない選手に4億って金額は・・疑問である。

それに今在籍しているイ・グノ、JJ、ドドに関しても一体どこまで計算ができるのか解らない。

グノの残留は濃厚だが、いつ中東に引っ張られるかヒヤヒヤもんである。JJの残留はほぼないとして、ドドもまた先が不透明だ。

ここ何年も悩まされている「助っ人不発病。」は深刻だよ・・。

日本人の流出は少ないと思うが、補強は必要である。

中盤以降GKまでのコマが余りにも少ない。中盤は遠藤を中心に、二川・橋本・明神と不動のメンバーが揃ってはいるが年齢的にそろそろ世代交代も視野に入れて行かないといけない時期だ。

遠藤を代表に持って行かれ、二川と明神は怪我に苦しんだ。橋本はある程度安定した力を発揮していたが、それをサポートする選手の層があまりにも薄かった。

佐々木・武井などいい選手はいるのだが・・・である。

おおっと、そろそろ時間が無くなってきたので続きは明日にしよう♪
[PR]

by marbletre | 2010-11-25 17:14 | Viva!Calcio

夢の共演。

グラッパ4種類テイスティングしてほろ酔い気分のメガネです。

ヒック・・。



先日出ましたこの2本。



c0213971_16185025.jpg

左:「Gattinara 1964' / ANTONIORO。」

右:「BARBARESCO 1998' / BRUNO GIACOSA。」


ブドウは両方共にネッビオーロ、ただし左のガッティナーラはスパンナと言う名前に変わります。

ミネラル分の豊富なガッティナーラ、バランスのとれたエレガントなバルバレスコ。

地区もヴィンテージも異なる2本のワイン、まさに「夢の共演。」と言わずして何と申しましょう・・・。




ヒック。
[PR]

by marbletre | 2010-11-24 16:42 | vino!vino!!

Tempo si e fermato。

あまりにも突然すぎた出来事にただただ唖然とするしかなかった・・。

体の震えを抑える事が出来なかった・・。

今まで風邪をひいて熱があろうが、怪我をして体が痛かろうが、前日飲み過ぎて二日酔いであろうが、フロアに立ってサーヴィスをしている時は全力でお客様に向き合ってきた。自分なりの最高の笑顔と一緒に。

でもそれが出来なかった、全身に力が入らなかった。



むしろ全身を引き裂かれるような・・、そんな感覚にすら陥った。



色んな場面が走馬灯のようにフラッシュバックされる。

あまり沢山とは言えないけれど、色んな話をさせてもらった。

共通の趣味があり、行きつけのお店をご紹介したこともあった。

誰にでも優しく、面倒見がいい・・。



一度進んだ時計の針を戻す事は出来ない。

時って残酷なんだ、でもそれが現実なんだ、そう思った。



いつまでも下を向いててはアカン。

このブログを書いて気持ちを切り替えなくてはっ!

さぁ、頑張ろう!
[PR]

by marbletre | 2010-11-20 17:03 | つぶやき

イタリア~ン♪なお知らせ。

最新記事はこの下です ↓↓↓。 


イベントが目白押しの秋、どれに行こうか迷いますよね~!

今日はイタリア~ンなご案内。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Novello(ノウ゛ェッロ)と呼ばれるイタリアの新酒ワイン。

2ヶ月という短時間で造られるフレッシュなタイプのワイン
毎年の収穫を祝いガブガブ飲むまさにお祭ワインです!

実りの秋。収穫の秋。食欲の秋。芸術の秋。音楽の秋。メガネの秋。全部くっつけて楽みませんか?


『Novello♪JAZZ祭@南御堂会館』


c0213971_17102351.gif




11月14日 (日) 16:00~19:30
会費¥4000(ライブチャージ・フリーフート・1ドリンク付き)


肥後橋 『OTTIMISTA オッティミスタ』
京町堀 『Ciucate チュカテ』
淀屋橋 『Marble tre マーブル・トレ』
そして『Cerchioチェルキオ』のイタリアンコラボイベント!
トリオJAZZの生演奏を聴きながら、NOVELLO(ノウ゛ェッロ)とイタリアンブッフェ♪

イベントならではのお料理、ワイン、そしてJAZZLIVEを楽しみながら、皆で今年の収穫を祝いましょう!

各店舗でチケットを販売しております。
*定員になり次第、締め切りとさせていただきます。
*各店舗、枚数に限りがございます。先ずはお電話にてお問い合わせください。
Cerchio     06-6244-1700
OTTIMISTA  06-6233-7707
Ciucate     06-6441-2202
Marble tre   06-6221-3223



*マーブルトレはサービスでの参加になります。馬車馬の如く働きます(笑)。*
[PR]

by marbletre | 2010-11-14 00:00 | お知らせ

畑は叫ぶ。

今週は何だか忙しい。

14日の「Novello祭。」の準備でバタバタ走るよバタ子さん状態である。

77会同様、皆様に喜んで頂ける様なイベントに出来るようガムバります!



で、今日はこれ。

















c0213971_1630351.jpg

「Voos dai Ciamps 1999' / Vie di Romans。」




屋外で撮影した事には何の意味もございません。

ただ、何となく・・・です。

ヴィエ・ディ・ロマンスが造るメルロ100%のワイン。

「Voos dai Ciamps(ヴォース・ダイ・チャンプス)。」とは「畑の叫び声。」って意味だそうです。

何かイカツイネーミングですね。

でも響きが好きです・・。

同じメルロ100%の「マウルス。」ってワインがありますが、それは所謂セカンドワイン的なポジションですね。

実際2002年のヴィンテージはブドウをマウルスに格下げしてるようです。

フリウリらしい、どこか「青さ。」のあるメルロが11年の時を経て一体どのような熟成をしているのか・・・。

非常に興味があります。

年内は休ませとこうかなぁ~。
[PR]

by marbletre | 2010-11-10 16:48 | vino!vino!!

祝。

何なんでしょう・・・

朝からむしょーに赤ワイン、しかもネッビオーロが飲みたいシンドロームにかかってまして。


「よし、今日は仕事終わってから美味しいネッビオーロを飲むぞっ!」


って思ってると、想いって伝わるもんですね。


「今日終わってからワイン飲みに行けへん?」


って電話してきたcerchioオーナー(笑)。


「ちょうど美味しいワイン飲もうって思ってたとこやねん。」


と言うと、


「俺は24時間365日飲みたいよ!」

・・・コンビニかっ(笑)!

ちょうどcerchioさんトコの「チョビヒゲ。」ことタクちゃんのお祝いも兼ねての勉強会をする事に。




c0213971_16434272.jpg

色々と迷ったのですが、今日飲むにはこれが一番良いと判断しました。




c0213971_16460100.jpg

お決まりのアテです。

永遠のアイドル「ポムフリ。」、ウマす!

この日は何故か泡も持ってきてとの通達だったので、




c0213971_16494798.jpg

「CHARTOGNE-TAILLET。」をば。

青リンゴやマンゴーみたいなかほりのボリューム感が良かったです。

どこかフランチャコルタに似た印象でした。

十分喉が潤ったところでブラインドスタート。

各々思った事を口に出し、それについて話を広げてゆく。

ワインのかほり、味、料理とのマリアージュ・・・間違い何て無い。思った事をしっかりと伝える事が出来るか、それが大事なんです。

色んな言葉が飛び交って、とても勉強になります。

そして正解はこちら、



c0213971_1731231.jpg

「La Villa 96' / Elio Altare。」

ネッビオーロが飲みたかったメガネ達と、バルベラ好きなタクちゃんの為のワイン。

ネッビオーロが60%のバルベラが40%の割合です。

飲むとジワ―っと沁み渡るような旨味。

たまらなく美味しかったです。

勿論これだけで終わる訳もなく(笑)、




c0213971_17101045.jpg

「Vigneto Osso S.Grato 97’ / ANTONIOLO。」

やりおった!のヒトコトです。

やっぱガッティナーラは素晴らしいですね。

アシンメトリーな髪型のソムリエタクちゃんと記念撮影♪

タクちゃん本当におめでとう!

イタリアワインの普及と啓蒙の為にこれから今まで以上に頑張ってね♪
[PR]

by marbletre | 2010-11-06 17:16 | つぶやき

本日解禁!

フランスのヌーヴォーよりもお先に・・・、




























c0213971_16232225.jpg


マルケとシチリアからNovelloが届き、本日解禁となりました♪





ガブガブ飲もうぜ!
[PR]

by marbletre | 2010-11-06 16:28 | vino!vino!!

ワインは見た目も大事ですよ。

今店の前を自国の国旗を持ったドイツ人の集団が通過したので、窓越しに「シャウエッセン!」って叫んだったんですが見事に無視されたメガネです。

「オリバー・カーン。」の方が良かったかとやや後悔しつつ・・・。

そしてあのドイツ人達は何処から来て何処へ行ったんだろう。

そもそもこんな「超。」オフィス街で一体何をしていたんだろう。

謎のドイツ人集団・・アナタ達は一体・・・。


閑話休題。


今日はワインのご紹介♪

偶然にもそのドイツ人に所縁のある生産者、「FRANZ HAAS(フランス・ハース)。」。

北イタリアのトレンティーノ・アルト・アディジェ州の北側、モンターニャ村で1880年からワイン造りをしている。

歴史ある由緒正しき造り手です。

ここの代々伝わる掟、当主になる人間は「フランツ・ハース。」の名を継がなければならない(現当主は7代目)。

イタリア版三遊亭円楽(笑)。

非常に魅力的なワインを造る。

ピノ・ネロ、ラグレイン、カベルネ、メルロ、トラミネール・アロマティコ、ピノ・ビアンコ、シャルドネ等々栽培している品種はまぁバラエティ豊か。

後、ここのワインの魅力の1つでもあろうエチケッタ。見ていて楽しくなってくる。






c0213971_16243242.jpg

「PINOT NERO 07'。」

決してメガネがポ〇カでサラリと書いた訳ではない、こういうエチケッタなのである。

このピノは見た目同様味もチャーミング♪

フレッシュでピチピチな果実味のたぷーり詰まった印象。

北イタリアらしい味わいが存分に楽しめます。






c0213971_1632342.jpg

「LAGREIN 05'。」

こんなん絶対書けません、そもそもメガネにはこれが何を現しているのか自体理解出来ません・・。

こちらのラグレインは「酸。」と「ミネラル。」がキシッ!としている印象。

正直もう少し寝かせてから飲みたいです。なので、只今店のセラーでスヤスヤ良い子にしています。

で、こないだ2001ヴィンテージのラグレインのオファーがあったので1本とってみました。

果たして01’のエチケッタには一体どんなイラストが描かれているのか・・・。

期待に胸膨らませながら待つ事数日。

いよいよ入荷の日、ワクワクしながらワインを確認してみると、







c0213971_16425153.jpg





フツーかっ(驚)!!




う~ん、何か納得イカン(笑)。

でもまぁこれはこれでレアやからエエか・・・。
[PR]

by marbletre | 2010-11-02 16:49 | vino!vino!!
line

R.Savignacと共に。


by marbletre
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30